筋肉のダイエット方法とは

婦人

簡単に小顔になれる

美容整形外科で今人気の施術の一つに「ボトックス注射」があります。美容医療においてはシワ取りの治療や小顔治療、多汗症治療や痩身術など様々な施術で用いられる注射です。そもそも、ボトックスは筋肉に作用する薬剤です。筋肉の働きを抑制させる事でその効果を発揮させます。中でも小顔治療はその仕組みがとても分かりやすい施術例です。ボトックスを用いた小顔治療は張ったエラを解消する施術となりますが、エラ骨を小さくするのではありません。ちょうどフェイスラインには咬筋と言う筋肉があります。この咬筋は噛む事で発達する筋肉です。ボトックス注射により、咬筋の働きを抑制させる事で余分に発達してしまった筋肉を縮小し、エラを解消するのです。例えば顔を大きく見せる原因が脂肪であれば自己流のダイエットもある程度は可能ですが、原因が筋肉の場合は痩せる事は出来ません。痩せようとして力強くマッサージする等間違えた方法を取ると余計に筋肉がついて顔を大きく見せてしまう事にもなり得ます。このような筋肉のダイエットに有効なのがボトックスという事です。シワ取り治療や小顔治療を検討し、ボトックスについて調べてみるといくつか種類がある事がわかります。それぞれ薬剤の種類によって値段も大きく異なる為、どれを選んだら良いのか、効果に違いはあるのか等気になる事は多いはずです。そもそも「ボトックス」という名称はアメリカのアラガン社が商標登録をした薬剤です。つまり、アラガン社製以外の物はボトックスとは呼びません。また、その詳しい成分も、調べてみると元々は毒素だとか、あまり馴染みのない情報が出てくるので心配にもなるでしょう。しかし、この注射は美容整形で使われるもっと前から眼科や神経外科で通常の保険診療として顔面痙攣などの治療に使われていました。美容医療だけで使われている薬ではありませんし、医療界で使われるようになって長い歴史のある薬なのですから安心です。どのような薬剤にも副作用の可能性はあるものですから、もちろんボトックスにも様々な副作用が考えられます。例えば、小顔治療を受けたら口が開きにくくなるのでは等の不安はよく見受けられますが、実際のところ重篤な副作用の報告例はほとんどありません。大事な事は信頼できる医師の施術を受ける事です。

医者

医師に相談して負担軽減

ボトックス治療は小顔効果をはじめ、脚痩せやしわ改善に効果が期待できる治療方法です。メスを使用せず注射するだけの治療なので、手軽で痛みも少ない方法です。カウンセリングが必ず行われるので、痛みが苦手な場合は医師に伝える事で対処してくれます。

注射

整形に求められるポイント

小顔整形でボトックスを選ぶ際は、クリニックで正しく適性を診断してもらいましょう。クリニックを選ぶ時は、評判から使用している製剤の種類も確認しておくべきです。あとはカウンセリングや保証が充実していれば文句がありません。

女の人

おすすめのプチ整形

ボトックスで施術をする時は、カウンセリングとアフターケアに加えてドクターのスキルや使用する製剤の品質のチェックは欠かさないようにしましょう。そうして安全性が確保できれば、ボトックスほど低価格で負担が軽い小顔整形はそうありません。

カウンセリング

簡単なフェイスライン修正

ボトックスの小顔整形をする時は、効果が出るまでにタイムラグがあったり効果が一時的なことを承知の上で受けるようにしましょう。ちなみにボトックスで小顔になるには、エラ部分にある筋肉がポイントになるのでカウンセリングで確認してもらいましょう。

レディ

噛みすぎでエラができる

ボトックスによって小顔効果を得られるのは、筋肉によって出来たエラにお悩みの人です。治療当日は注射を施すのですが、希望すれば痛みを感じないよう局部麻酔をしてもらえます。治療後は成分がほかの場所に流れないよう、医師の指示に従いましょう。