簡単なフェイスライン修正

カウンセリング

施術内容や適性をチェック

手軽に小顔を実現してくれるプチ整形として最近人気なのがボトックスです。施術法が簡単で試しやすいのがメリットですが、メスを使う整形と違いすぐに効果が出ることはありません。まずボトックスで施術した場合、効果が出るまでに3日から1週間ほど時間をおかなくてはいけなくなります。しかもその間に、注射した部分がだるくなったり動かしにくくなったりするかもしれません。そうした症状は小顔になるためのプロセスのひとつなので、あせらずやり過ごすようにしてください。その後2週間ほどすると効果の出方がピークを迎え、あとはゆっくりと症状が落ち着いていきます。あとは完全に効果がきれるまで、3カ月から6カ月間の間は顔が小さい状態をキープできるはずです。そして同じ状態に戻りたければ、効果がきれた後でまたボトックスを使用すれば再び元の小顔に戻ることができます。施術を受ける際のコツは、効果が出るまでのタイムラグをどう過ごすかにあるでしょう。効果が出ないからといって短期間で施術を受け直したりすると、薬の抗体ができてしまったり効果が強く出過ぎてしまうこともあります。そうならないように、ゆったりと冷静に効果が出るまで待つことが大切です。簡単な施術で小顔効果がもたらされるボトックスですが、誰でも同じような効果が得られるとは限りません。基本的に筋肉が少ない場所では効果が薄いので、そういう方は利用できない可能性があります。ボトックスで小顔になれるかどうかのチェックは、歯を食いしばってみればすぐわかります。奥歯をかみしめた時、エラ部分がぐっと突き出る状態になる方ならボトックスを使うことでかなりの小顔になることができるでしょう。顔が大きい原因には他にも骨格やむくみが影響していることもあるので、アプローチの方法を間違えれば希望した通りに効果が出ない可能性もあります。こんなミスマッチを防ぐためにも、適性を見極めてから施術を受けることが重要になります。適性はカウンセリングを受けることですぐにわかるので、面倒がらずに受けるようにしましょう。ただしカウンセリングを担当する医師の経験やセンス次第で多少の誤差が出るので、信頼のできるクリニックをみつけることがポイントになります。ゆえに施術を受ける時は、クリニックの評判もあらかじめ確認してから行くようにしましょう。