医師に相談して負担軽減

医者

緊張なく相談できる体制

美容整形とは見た目に対するコンプレックスを解消する、臨床医療の1つです。整形と聞けば大々的な手術をイメージされますが、現在の美容医療は発展しており、負担のない治療方法も多くあります。その中の1つであるボトックス治療は注射するだけの施術方法であり、負担なく手軽い受けられるプチ整形として注目されています。ボトックス治療では小顔や脚痩せ効果が代表的であり、筋肉が原因で大きく見える部位の改善が期待できます。ボツリヌストキシンというたんぱく質を気になる部位に注入する事で、平均2週間程かけて徐々に筋肉を痩せさせて大きく見える部位を改善していきます。小顔目的で受ける場合は当然顔に注射する事になります。顔には多くの神経があり痛みを感じやすい部位です。注射が苦手な方も沢山いますが、その痛みは採血や点滴などと同じ針なので、その位の痛みは生じます。我慢できない程の痛みはなく、施術時間も5分〜10分程です。もしも痛みが苦手あるならば、医師に相談する事で塗布麻酔を使用して受ける事ができます。風邪を引いたりした際に行く一般的な病院では診察があります。病院は疾病を治す機関なので、患者からどうして欲しいか希望を伝える機会はほとんどありません。反対に美容整形外科では同じ様にカウンセリングがありますが、診察ではなく問診です。カウンセリングは診察とは違い、結果どうなりたいかの希望を伝えたり医師に相談したりして一緒に最適な施術方法を探していく作業になります。このカウンセリング時には費用の相談もでき、患者にとって費用面での身体的な負担面でも最適な方法を一緒に探してくれます。ボトックス治療を希望した際も、その方法が希望が叶う最適な方法かを検討して他の治療方法も提案してくれます。小顔になる方法は何もボトックスだけではないですし、ボトックス治療が効果がない原因の可能性もあります。美容整形外科は見た目のコンプレックスを改善して、今よりも前向きに自信を持って暮らせる為の支援をしてくれる機関です。普段医師に伝えにくい事も伝えらえる環境を作ってくれています。小顔になる為に自分に合っている方法を探す際、医師の意見は非常に貴重です。美容整形外科のカウンセリングはほとんどの期間で無料なので、複数受けて様々な医師の意見を聞く事も可能です。